振袖を気軽にレンタルできる、横浜のショップを紹介しています

HOME » 振袖お役立ち情報集 » 振袖の種類

振袖の種類

このページでは、あまり知られていない振袖の種類について紹介しています。

振袖にも種類がある

あまりご存じないかもしれませんが、振袖にも種類があります。着物というのは色や素材、紋の有無などで、格式が変わってきます。振袖は未婚の女性の第一礼装といわれていますが、その中でも、色や袖の長さ、紋の有無などで呼び方も変わります。

名称 袖の長さ 特徴 その他
大振袖 三尺三寸~三尺 第一礼装
  • 二枚襲ね、共八掛け。紋がある
  • 袷には袖口に綿を入れる
  • 長襦袢は緋や絵羽長襦袢
帯には丸帯
中振袖 ニ尺五寸~六寸 礼装
  • 別八掛けで良い
  • 襲ねじゃなくて良い
  • 綿は入れなくても良い
丸帯か袋帯
小振袖 ニ尺~ニ尺三寸 およばれ
  • 中振袖と同じ
丸帯、袋帯、名古屋帯

振袖の袖は長い方が、格式が高いということになります。色は地色が黒のものが一番格上とされています。結婚式で引き振袖を着るのが流行っているようですが、裾をひきずったスタイルは、クラシカルでとても素敵ですよね。

第一礼装の大振袖は近年、結婚式の花嫁さんが着ているくらいしか、見かけなくなっています。今の振袖は、袖の長さは大振袖なのですが、他の部分はは中振袖の特長を併せ持っているというのが、一般的なようです。また最近は、古典的なもののほかに、デザイナーの手による現代的な振袖も増えきており、着方やヘアスタイルも洋風なアレンジ施したりと、自由に楽しむようになってきました。

ただやはり着物を着る場合、上記の表内のような、基本ルールを忘れたくはないですね。伝統的なものほど良いというつもりはありませんが、振袖でも留袖でも、その本来の姿がどういうものか知っておくのは大事なことのように思います。ルールが曖昧になってきているとはいえ、やはり格式や季節による使い分けなどを、しっかりと演出できている方が良いでしょう。なんといっても着物は、日本が世界に誇る服飾文化なのですから。

※このサイトは、個人で調べた情報によって作成しています。現在掲載されている情報は2011年10月のものです。最新の情報については各店舗の公式サイトを参照してください。
 
横浜で振袖をレンタルしよう