振袖を気軽にレンタルできる、横浜のショップを紹介しています

HOME » 振袖お役立ち情報集 » 振袖の着用ルール

振袖の着用ルール

このページでは振袖を着る時に知っておきたい、着物のルールについて紹介します。

着物にもよそゆきとカジュアルがある

着物にはその素材や色、柄によって格式があります。大きく分けて染めの着物と織の着物がありますが、やはり正装となると染のものになります。では、未婚女性の礼装といわれる振袖は、着物全体の中ではどんなところに分類されるのかを見てみましょう。

生地 種類
染め 礼装 本振袖
中振袖
黒留袖
色留袖
正装 色留袖
喪服
色喪服
訪問着
付け下げ
外出着 付け下げ
小紋
羽織
ゆかた
織り 外出着 お召し
大島紬

上布
普段着 木綿 絣など
ウール

この表からもわかるように、振袖は礼装のジャンルに分類されます。未婚の方は本振袖、中振袖、既婚の方は黒留袖、色留袖が一番正式なものということになりますね。未婚の方であれば、成人式、卒業式、謝恩会、結婚式という場面では本振袖、中振袖がふさわしいということになります。

既婚者では、結婚式などのあらたまった席には黒留袖か色留袖になってしまうので、華やかな振袖を楽しめるのも若いうちということになります。若いお嬢さんの特権ということなら、着られるうちにどんどん楽しんでおかないともったいないと思います。訪問着や付け下げなども、素晴らしいものはありますけど、やはりワクワクするような豪華さはないし、振袖ほど人目を集めないですからね…。

未婚といってもいつまで着られるの?

振袖は、「未婚女性の礼服」という所にひっかかる方も多いと思います。ミセスだけどまだ20代前半であるとか、未婚だけど30代半ばである場合、「振袖を着たいけど、着ていいものなの?」と考えてしまいますよね。

お祝いの席には、礼服の方が多く、どうしても黒っぽくなるので、華やかな振袖は出席者からも喜ばれます。ただ、20代であってもご夫婦で出席されるようなケースや、ミセスであることをわかっているご親族が多い場合などは、振袖に違和感を覚えるもいらっしゃると思います。また未婚の場合でも、30代半ばを過ぎての振袖というのは、その場の出席者を思い浮かべてから選ぶほうが良いでしょう。

今回ご紹介しているお店では、購入した振袖の袖丈を無料でつめてくれるサービスや、訪問着に取り換えてくれるサービスをしている所があります。「できるだけ、着物を着て欲しい」という思いからのサービスだと思うので、そういったものも利用して、訪問着などに変えて長く楽しむのも素敵ですよね。

でも振袖はやはり、着られなくなってしまう前に、レンタルなどもどんどん利用して楽しんでほしいと思います。「かわいい振袖が多くて着てみたいけど、もう着れない…」なんて日は、結構すぐに来てしまいますよ!

※このサイトは、個人で調べた情報によって作成しています。現在掲載されている情報は2011年10月のものです。最新の情報については各店舗の公式サイトを参照してください。
 
横浜で振袖をレンタルしよう