振袖を気軽にレンタルできる、横浜のショップを紹介しています

HOME » 振袖レンタルの基礎知識 » 価格の相場

価格の相場

このページでは知っておきたい振袖のお値段について、その相場を紹介しています。

振袖購入/レンタルの価格相場はどのくらい?

昔は振袖のレンタルも種類が今のように多くなかったですし、もっと高かったように思うのですが、最近は、高品質のものがとても安くレンタルできるようになっています。販売のものにしても、特別に安いものであれば3万円台で買えるものもあります。

もちろん、手作業の多い、職人の方の作品などであれば果てしなく高額になっていく訳ですが、小物類などもセットにして20万円程度というのが購入価格の平均的なところではないかと思います。

レンタルの価格も、安いものはやはり3万円台から。その他であればフルセットで5万円から10万円程度が多い価格帯ではないかと思います。

セットになってお得

レンタルでも購入でも、必要な小物類をすべてセットにしたものがついてくるものがほとんどです。成人式で初めて着物を着る方も多いと思うので、このシステムはやはり便利だと思います。

点数にはお店によって少し差がありますが、フルセットとなって入っている小物を見てみましょう。

  • 袋帯
  • 帯芯
  • 帯揚
  • 羽毛ショール
  • 肌着
  • 長襦袢
  • 居敷当て
  • 半襟
  • 草履
  • 裾除け
  • 胴裏
  • 帯〆
  • 重ね襟
  • バッグ
  • 帯板
  • 帯まくら
  • 腰ひも
  • 和装ベルト
  • 伊達〆
  • 和装ストッキング
  • 襟カラ―
  • 足袋
  • 三重紐

だいたい、このような小物類がセットされています。一つずつをみてみると、伊達締めも1,500円程度したり、帯板もセットで2,000円程度したりします。着付けに必要な小物だけでも7,000円から8,000円くらいになります。

また袋帯はもちろん、西陣織で職人の技…などとなると桁がちがうものもありますが、安いものでも3万円台といった所です。

草履とバッグもセットで1万5,000円程度はします。ショールも1万円はするので、これまでのものを見てみても、セットになったものが、7万円くらいにはなってしまいます。

ここに、さらに、着付けやヘアメイク、写真撮影などの費用、などもパックになっているし、レンタルであれば返却する時の送料やクリーニング代などが、購入であれば、さらに当日の着付けだとか、クリーニングサービスなど、さまざまな特典がついている訳で、設定価格はこれで大丈夫?とちょっと心配になるくらいです。

逆に、自分で1つずつ揃えたり、写真や着付けの手配をするとかなりの費用になってしまうということだと思います。企業努力なのかと思いますが、これはレンタルしなくちゃ、やっぱり損ですね!

※このサイトは、個人で調べた情報によって作成しています。現在掲載されている情報は2011年10月のものです。最新の情報については各店舗の公式サイトを参照してください。
 
横浜で振袖をレンタルしよう